FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
02月10日(土)

バリカンの語源・由来 

今日はサイトを作っていました。
メニューにくどいぐらいの説明を書きたくて、以前に
一度作ったのですが文字が多すぎて見づらかったので
大昔のPCのスペックがCPUがMMX Pentiumの200でmemが
64とかの時代にはjavaでpopupウィンドウが開くのが
イヤで自分でサイト構築した時には絶対javaは使わないぞ。
と思っていたのですが時代が変わり、今やactiveX,java
関係をonにしていないとロクにサイトのディレクトリすら
回れない時代になり、それすら全く問題にしないPCの
スペックが殆どのマシンでは有るので、見た目がスッキリ
していて初回のお客様のみ見れれば良いコンテンツだし
な…と思ってjavaを使ったpopupウィンドウを開いて
そこに細かい注釈を書くことにしました。

そのpopupを開くのに使うメニュー用のただの
「more info」と書いたちっちゃいgif画像を作るだけで
数時間…良いフォントが決まらず。文字の大きさも
画像の大きさも微妙で。
結局、今日はウィンドウ9コ作る予定が2コしか
作れませんでした。

その過程で、ウィンドウの名前を付けるのに「バリカン」
の英語の綴りってなんだっけ?とググったら、
そう言えばバリカンって英語でクリッパーだよな…
とググった後に気づいたのですが、この過程で
バリカンの語源・由来という解説のサイトを見つけました。
以下抜粋。
バリカンの語源は、フランスの製作会社名
「Barriquand et Marre(バリカン・エ・マール商会)から。

面白かったのが、余談で、

バリカンの語源は、言語学者の金田一京助氏が苦労して
発見したことは、有名な話になっている。
金田一氏が三省堂にいた頃、「日本外来語辞典」の編集
をすることになり、三年も費やしあらゆる文献を
調べたが、バリカンの語源だけが解らなかった。
床屋に行った際、店主にあれこれ聞いても解らなかったが、
「バリカンの機械か箱に、バリカンとは書いてないものか?」
と言って手にしたところ、「Barriquand et Marre」の
刻印を見つけて、刃の製作所の名前が勘違いされ、機械の
名前として広まったことを発見した。

と有りました。
良く辞書の編纂に名前が乗っている言語学者の金田一一族。
この方の末裔が高校のバイト先で一緒でしたw
変わった名字だな…と思っていたら辞書に載っている人が
おじいさん?だかおじさん?だかって言っていてビックリ
した記憶が有ります。
単車乗り回していて走りやだった記憶が有りますw

関係ないですけど今回の解説していたサイト面白いですね。
語源由来辞典

普通にwikiにも載ってました。深くは書いていませんが。
スポンサーサイト



プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ