FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
05月15日(火)

「元」大国だったイラン人の心情 

3月にペルシャ湾で英兵15人が拘束されてその動きが
余りイランの事など知られていない日本では結構、
不思議に思われたと思います。

なんでそんなに上から物を見たような物腰なんだろう、
とか。
イランには米英から対等の存在として見られたいという
願望が有ります。

紀元前の大昔にギリシャ文明と競った古代王朝時代が
イランには有り、イランの歴代の王朝は高度な文明を
誇っていました。
アケメネス朝ペルシアとかササン朝ペルシアとか。
ところが、19世紀に、英路の勢力争いに巻き込まれて
以降はやられたい放題で、英国に国家の富で有る石油利権
を独占され、20世紀後半には石油メジャーのBPの前身で
有る「アングロ・イラニアン石油」を通じ国の中枢を
英国に握られ半植民地化されしまっていました。

こういった歴史が有るので、ずっと高度な文明を誇って
来たペルシア(あえてここではペルシアと表記します)
人からすると…
なのです。

さらに、53年に英国の力が弱まって、そこで王制側の
クーデタが起き、このクーデタは当時のモサデク政権が
石油国有化を進めていた最中に米CIAが仕掛け、
これによって石油利権がまたメジャーの手に渡って
しまいました。

こういった中でホメイニ氏のイスラム革命が起き
王制が廃止され、イラン米国大使館占領事件
が起きたので、今のイランの態度、アティチュードが
有るといった感じです。
アメリカ合衆国とイランの関係 - Wikipedi

大戦などに勝った米英などはこういった事が国際的に
非難される事は余り無く、敗戦した日本は…
なので、中東の国々などから日本は良い印象を持たれて
いる、という背景が有ります。
一つの側面ですが。
こうった背景や歴史などをもっと上手に利用して
東アジア、中東などで、もっと外交的に上手く
やれないもんなんでしょうかね。
当然、難しいんでしょうが…
スポンサーサイト



プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ