FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
12月11日(火)

HP Proliant ML115 Athlon 64 X2 5000+ Black Edition 

ML115のCPUを何にしようと悩んでいたのですが
結局Athlon 64 X2 5000+ Black Editionにしました。

動作倍率制限を解除した“FX仕様”の「Athlon 64 X2 5000+」を発表。そのポテンシャルを検証する
コストを重視するゲーマーに捧ぐ,3万円以下のデュアルコアCPU購入ガイド

もう大人?なんだしオーバークロックは結局高く付く
事がほとんどだったし定格が一番だ。
とここ数年は達観していたつもりでした。

ですが方々の動作報告を見ていて、多分この5000+BEは
本来は製品としては5000+のスペックでマージン余計に
見て置いて販売するlotを6400+相当では安定しないが
そのマージン内で使う分には平気なのでは、と思って
思い切って買ってしまいました。

昔なら6400+相当でOCして使う気満々でバクチ気分で
買っていたと思うのですが6000+相当の3Gで動けば
良いやと、最悪数年後に5000+相当で動けば良い、
という気持ちで買ったのでした。
6000+相当といってもL2cashは半分ですが。
まあその辺は安いので割り切って。

CPUクーラーが通常のリテールだと付いているのに
OC前提で購入する製品なのでユーザーは自前の
ゴツい冷却効果の高いクーラーをどうせ持っているだろう、
との前提で最初からクーラー付いてません。

これも、ML115には普通のsocket AM2のクーラーが付かないし
標準のクーラーでも冷却性能は十分だというのを調べたので
それもBEを買った動機でした。

逆にCPUだけで本体より高いっていうのは購入に際して
足踏みした要因でした。
が結果、買って良かったです。

ただ、VistaとXPのdual bootにしてあるのですがvista
だとXPよりレスポンスが3割ぐらい落ちている気がしていた
ので、aeroのせいで引きずってる感が有るのかな、dualのcpu
なら違うに違いない、と気になっていたしOCしてK8系の
アーキテクチャのDual3GHzが16kで買えるし使ってみたい
ってのも有りました。

結果、vistaは多少は快適になった気がするかしないか
微妙だけど少し引っかかりは無くなったというぐらいでした。

で中身です。
0712115000+be001_600hairhira.jpg

この変なステッカーは要らないだろ…常考。

って入ってるの知ってて買ったんですが実物見て
ウケましたw


そしていきなり電圧を1.375vに上げて3.2GHzで起動させて
みました。

起動しなくなってもCMOSクリアしとけば平気だろう…と
たかをくくって。

でSuper π 104万桁です。
0712115000+be003_3.2_1.375vhairhi.jpg

32秒。
落ちませんでした。

当たり引いたのかな?
と思ってゲームしばらくやったらシステム落ちました…

やっぱり無茶はいかん、と電圧を定格に戻し3.0GHzで
起動です。

同じくπ焼き104万桁。
0712115000+be002_3.0_1.350vhairhi.jpg


しかしEVERESTのCPU表示温度が低い気がします。
CPUクーラーFANは15000rpmで回しています。

EVEREST値段高いし大丈夫かな…と無理に納得。

しかしCPUコア温度が2つ表示されていると
「おお、カッコええ」と思うのは自作オタなんでしょうね…

一回dualコアなPCいじっちゃうと他のsingleCPUなPC
いじる気がしなくなって…とはいえそうも行かないので
使いますけど。


ちなみに元々のAthlon 64 3500+のπ焼き。

0712115000+be004_3500hairhira.jpg
0712115000+be005_3500hairhira.jpg

41秒。

まあ十分なんですけどデフォのでも。

言い換えれば15kのML115でこのスコアが出る訳ですから
凄いです。

このCPUだと温度の表示も大丈夫そうなので
5000+BEのEVERESTでの温度表示も大丈夫なんでしょうか。

BIOSでmonitor出来る温度と比較すると5度ぐらい低く
表示されている気もします。

L2キャッシュ容量は512KBと半分ですがML115自体の値段から
考えるとCPUクーラーもデフォの物を使うとしたら
Athlon 64 X2 5000+ Black EditionはML115との相性や
コスパは高いと思います。
スポンサーサイト



プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ