FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト https://hairhira.com
07月17日(金)

2009年度ブロース講習09回デモストその1 

先週行ったブロース講習で私がデモンストレーション
(デモスト)を行いました。


09071701.jpg


この写真のみ暗かったのでソフトで明るさを
上げました。

他の写真は解像度を変えただけで手は加えていません。

ブロース指導をして頂いていた先生が見てくださる
かも知れないのでそんな姑息な手は使わず有るがまま
掲載します。

事前に一回ぐらい家で一個カットしてから仕込みも
それなりに行ってからやるつもりだったんですが
日程の都合上出来なくて、仕込みも少ししか
出来ない状態で強行しました。





仕込みの状態や他の角度から撮った写真は以下に
掲載します。

09071702.jpg



毛染めをしてウイッグ(マネキン)のアゴが上がるよう
調節して吊してある状態です。

隣のは事前に練習するつもりだったウィッグです。


来年、またデモストするなら今度はこれを使って
練習してから見苦しくない作品を作らねば…

現役の時はこうやってウイッグを常に仕込みまくって
いたので10個位常に部屋にぶら下がっていました。


夏場と冬場でドライヤーを最初に入れるまでの
吊しておく日数も変えていました。湿度が違うので。


3年間ブロース競技をやり、その3年で250個位の
ウイッグ全部のデータを取っていたので…


今でも黒く染めたウイッグじゃないとやる気が
出ません。


現役の時にはブロース競技歴が5年とか長いと7年とかの
ベテラン選手を相手に結果を出さないといけなかった
ので、ベテランになると練習の時は面倒だからカラー
をしなかったりしていたのを見学に行ったときに見て
いたので、私は逆にどんな時でもウイッグを染めて
練習しました。


カラー剤が入ってる毛とそうでない毛だとドライヤーの
熱の入りも違いますし鋏で切るときの感触、なにより
目の使い方変わってきてしまうんです。


この時期は湿度が高いので5日ぐらい吊してから
ドライヤーを入れていたと思うんですが…


なんせ時間が無かったので吊した翌日にドライヤー
を入れる事に…


おかげで毛が少しよれました。


09071703.jpg


さらにドライヤーを入れる作業も、初回は20分ぐらい
かけるんですが、徐々に毛がまっすぐになってくるので
後半は7分位で済むのですが…


この時期ですと4週間位毎日ドライヤーで毛を
起こします。


冬場ですと2週間位でした。


09071704.jpg


今回は2日しか入れられませんでした。



まあ大会に実際に出場する訳では無いので…


ですが、こういった仕込みの状態が施されたウイッグ
自体を今の若い理容師は目にする機会が無いので
出来るだけ良い物を目にさせてあげよう、と思って
はいるんですが…


私の再現力が年々衰えて行きますね…

09071705.jpg


なんでこうやってドライヤーで毎日毛を起こす
かと言うと、当然、毛を真っ直ぐにして切断面を
シルエットに対して90度にすることによって面が
綺麗になるのと、差し毛というクセのある毛を伸ばして
さらに細い毛が事前にドライヤーで伸ばすことで
切れて無くなります。


そして熱がしっかり入ってると一本一本が力強い毛と
なり、フロントやその後ろの部分はきちんと起きていて
トップをサイドの中間の毛も競技場までの道のりと
審査が終わるまでの間、しっかりとシルエットに対して
真っ直ぐでいられる、その状態を作り出す為にこうして
面倒な事をやります。




この状態から切って、topの写真になるのですが…


長くなったので2つに分けます。
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ