FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト https://hairhira.com
08月12日(水)

田母神俊雄氏講演会in杉並公会堂と「海軍反省会」 

先月、お客様からチケットを頂き、元航空幕僚長の
田母神俊雄氏の講演会に行ってきました。

09081201.jpg



話は普通に面白かったです。


笑えました。


感想などは以下に。


以下にとか言っておいて、特にコレという感想は
無いんですが…


杉並公会堂、中に入ったのが成人式以来だったので
新しくなってからは初めて入りました。

09081202.jpg


狭くなりましたね…



成人式の前に入ったのは南極物語の映画を区で公開して
それを見たとき以来ですかね…小学生の時だったで
しょうか…






私の考えの詳細などは余りwebに公開するほどの物では
ないと思いますし、あくまでも当blogはお店を中心と
しているつもりですので、そこをプッシュするつもりが
有りません。


それ以前に経済情勢その他が厳しすぎて、現在、興味が
経営と経済に向いているのでこっち方面を深く考える
余裕が有りません…


渡部昇一さんの話は外で仕事をした帰りに行ったので
少し遅れてしまったのと、ちょっと声が聞き取りづらく
良く聞いていませんでした。

09081203.jpg



渡部昇一


田母神さんはTVで見たままという感じでした。


09081204.jpg


田母神俊雄 - Wikipedia


09081205.jpg



確かにこういう立場に居た人がこういう論陣を張って
堂々と講演をし、そこに沢山の人が訪れ人気になると
言うこと自体は凄い事だなぁ、と思いました。



しかし話を聞くだけでも人を選びますね。


有る程度の歴史などの知識を持っていないと笑えない
話が多いので。


張作霖爆殺事件とか…


唯一、「おっ」と思ったのは
「ニュークリア・シェアリングシステム」について
です。


そういえばこんな事、習ったっけな…と、この
シェアリングシステムについてはあやふやでした。




ニュークリア・シェアリング - Wikipedia


理論は右と左とそれぞれの中道よりの4つが有る事が
理想だと思っていますので、それぞれが色々と主張する
事は健全だと思っています。



田母神さんは肝心な事をぼかしていた気がします…


普通の独立国だったら真っ当な意見だと思いますが、
戦後日本はそうでは有りませんからね…



それと、今週NHKでやってた特番を見て、私の考えも
また大分変わりました。

NHKスペシャル 「日本海軍 400時間の証言」
です。


特に第1話目。


「第一回 開戦 海軍あって国家なし」

これは凄かったです。


今までで一番戦争を身近に感じた気がします。


それはどういう点についてかと言うと。


海軍軍令部の人達の、当時の開戦に至るまでの心境
などを語っている時の発言。


現在でも良く起きている公官庁などにおける不祥事の
時に行われる記者会見。


農水省の毒米事件の時の当初の農水省次官の発言。


全く同じでした。


そこに国家、国民は不在で、自分たちの組織、ひいては
自分たち、いや自分自身の立場。

そこのみの利益を追求し守る事のみを考えている発言。


国民不在です。その論理の中心には。


海軍軍令部の発言にも終始、国民の事を思った発言は
見当たりませんでした。


そこから思った事は。



上がこれじゃぁ、いくら教育制度などを変えて戦前の
ように幼少の頃から洗脳して武装などしても、二次大戦
の時と同じボロ負けするだろうな。

でした。



戦後60年過ぎても何も変わってないな、と思いました。



軍部が悪かったんだ、と責任などを押しつけがちですが
問題は「軍」ではなく、当時は「軍」に権力が集まり
ましたが、現在でもその「国民不在」という構造は
霞ヶ関においては変わってない気がしますし、そこを
変えていかないと国家として進歩は無いと思いました。


しかし証言記録 兵士たちの戦争シリーズを見ている
から思うんですが、前線にも行ったことのない内地で
のうのうと過ごしている人達が机上で作った作戦などで
命を失っていく…

カンボジアにおいてのポル=ポト政権、中国での
文化大革命などでの虐殺と変わりませんね…


まだ家族のためだと信じて頑張っていた日本兵のほうが
僅かに救いが有りますかね…





真の敵は右とか左とかでは無いと思いました。
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ