FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト https://hairhira.com
09月10日(木)

サロンヘア090910 

先月お越し頂いたお客様です。


私が実家のお店に戻って当初から来て頂いている
同い年のお客様です。

0909101.jpg


現在、転職活動中です。



ズバリ、コンセプトはIT系のクリエイティブな感じで
ハイスキルさを醸し出すような、第一印象で年齢的な
物からも今までの職歴を踏まえて「出来る」感じを
出すことです。


クリエイターでも有り、ヘルプデスク的なスキルも
有る、という感じです。

クリエイティブさと信用度の高さという少しずれた
両者を持たせる、しかも第一印象での落ち着いた
雰囲気を出したいと思い、このスタイルを提案させて
頂きました。




その他の角度の写真や細かい事は以下に。

0909102.jpg


この年齢になってくると、遺伝的な逆らえない薄毛の
問題が切実になって来ます。


そこを必死に隠すんではなく、現状も受け入れながら
さらりと自然な範囲でカバーする、を私はモットーに
しています。


その基準に準じた、さらにお客様に手軽にカバーして
頂けるようなカットを目指しています。


トップのボリュームが気になるお客様には、トップの
土台部分に根元から立ち上がりやすくなるような
ブリックカット(穴を空けて短い毛束を作る)を入れ、
また、根元からスライドカットを入れる時も有ります。


前髪は出来るだけ力強さを出すためにスライドカット
のみで毛束を自然に作ります。

スキ鋏は使いません。

毛束の力が弱まるので。


0909103.jpg



トップのボリューム感を出しながら、後ろの下の方も
軽くし、その素材感を揃え、トップに力強さを
出します。


ここで下の部分だけ重たいと、つむじの回りがとても
頼りなく見えてしまいます。



自分本人は「木」だけを見て木にしますが、他人が
パッと見るのはその人の髪型だけ、という事はなく、
顔も含めた輪郭や服装までもをいっぺんにみた第一印象
が強く残り、そこから部分部分を第一印象で受けた
「偏見」を含みながら見ます。


ですから、あくまでも「木」だけを作り込むのではなく
「森」として形作る事を我々は意識しないと
いけません。



そこを考えながら、最初に書いたクリエイティビティー
とヘルプデスク的な感じを考慮してスタイルを作り
ました。



結構、色んな事を考えながら仕事をしていますので
会話の途中で話が途切れたり、タマにこれらの考え事が
ブツブツと独り言として出ていてお見苦しい事も有ると
思いますが、私は不器用ですのでご容赦下さい…



ただカットをして終わり、ではなく、お客様の状態
などを考え、その援護射撃となれば、また何かの
ヒントが得られたり、気分転換になって頂いたりなど
「何か」を常に出来るだけ得て頂きたいと思って
仕事をしております。


色々会話しているのも、そんな材料を少しでも得たいと
思っていますので、何か有ったらお気軽に仰って
下さい。


お客様のオンリーワンになりたいと思っていますので。
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ