FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
05月25日(金)

ペッパーランチ事件ヤバそうな…2 

見事に今日発売の新潮にも全く記事が有りませんでした。
新聞に広告出してる範囲内での写真週刊誌や女性誌なども
見出し見る限り扱ってませんでした。

女性週刊誌が扱わないってあり得ないでしょう…
この手の女性を酷い扱いした事件で。
どうなってんだろう…

bolgからのリンクなどリファラなどを見て、検索結果など
から他の物を見たりしたら、また気になる事が。

気になるっていうかまとめサイトに書いては有ったんですが
実際に実証されてビックリしたというか。

ペッパーランチ - Wikipedia
ここの一番下に
>また、この事件に関する情報は、インターネット上で
>検索ランキングを出しているgooでは上位にならないよう、
>細工がなされている

ハムスター速報 2ろぐ ペッパーランチ報道規制の証拠を見つけてしまった件

ここを見ると、本当に、
ペッパーランチ、 2007年05月23日の検索数ランキング:1位
ペッパーランチ - キーワードグラフ - goo ランキング
なのに、
キーワードランキング - goo ランキング
ここをずっと見ていると全く表示されません。




gooオワタ\(^o^)/

そして「ペッパー警部」とかでみんなで検索していて、
「ペッパー警部」だと表示されます。
これが24日の午前10時ぐらいの時点で私が確認した状態でした。
さらに「ブラックペッパー」とかで検索してた人も居ましたねw
これも当然、上位に上がっていました。

そして、ここを確認するために24日の午後8時に見たのですが、
今度はきっちりと一位に表示されてるw

もう遅いっちゅーねん(火暴

圧力に屈するサーチエンジンなど役立たず極まりないですね…
中国の検索エンジンみたいですねw

さらに不謹慎ながら凄い事が書いてあったのが
ペッパーランチとは - はてなダイアリー

>女性客が一人で食べに行くと、逆に店員に食べられてしまう。
>宮沢賢治の「注文の多い料理店」を地でいくサービスでも有名。
>女性客拉致監禁強姦強盗事件で有名。
>女性客はペッパーランチに入らない方が良いだろう。

>「注文の多い料理店」を地でいくサービス

いやホントにどこまで再現したんだか…
加害関係者各位は宮沢賢治に祟られれば良いと思いました。。。。

しかし今後はペッパーランチを見かけるたびにしばらくは
看板を見ると「注文の多い料理店」と脳内変換されそうです。
いや「山猫軒」が適切でしょうか。
注文の多い料理店 - Wikipedia
cf.ノート:ペッパーランチ - Wikipedia
スポンサーやどっかの圧力ですぐに報じなくなる既存のメディア、新聞テレビ。
そういう隠されそうになる情報にこそ真実があり、国民はそれを知る必要があるのだから、
それを提供できないならこれらの既存メディアに価値はない。

事実を知ってて隠すというのは、ウソを言うのと同じ。
日本国民の富が違法な手段で”侵略”されている真っ只中で、
「日本は平和ですよ、うまく言ってますよ」と、騙しているのと同じ。

サーベラスの件も我々でやっていかないといけないのでしょう。
社会派ブロガーの力を結集して。
http://tamakoro.no-blog.jp/tama/
http://www.j-cia.com/
http://www.nikaidou.com/
[ 2007/05/25 12:46 ] kashiwa [ 編集 ]
>kashiwaさん
いや、私はただの一職人で社会派bloggerなんて
大それたもんじゃ有りませんw
自分や自分の身内や親しい人やお客様の事ぐらいまで
しか考えは及ばないですし…
ただ、それらの人の利益になれば、と思いこういった
事を書いているだけです。
基本、自己中なので自分の正義を行えれば自分一人
で満足してるような人なのでw
あまり他人からの評価も気にしません…
陰口とか言われてるのが分かるとずっと忘れませんがw
いや、そんな事もないか…
過去に一件だけだしなぁ、忘れてないその恩讐(爆
あとは良い事は覚えてるけど悪いことは大体忘れちゃう
タチですので…
確実に刻み込まれてはいますが。

マスコミの中の人とかも一応は商売ですし、しょうがない
面なども有るのかなぁとは思ったりしますよ。
自分に対して不利益になる事でしたらしょうがないなぁ
とは片づけないかも知れませんがw
[ 2007/05/26 11:11 ] hira [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ