FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
01月21日(木)

今週のガイアの夜明けと安売り競争の逆…日経の記事 

今週のガイアの夜明けでデフレ時代の生き残りの色々な
企業などの取り組みを取り上げていました。



ガイアの夜明け 「デフレと闘う!」第1弾 : 番組…


価格.com - 「ガイアの夜明け」2010年1月19日(火)…


北茨城にサーフィンに行くと、お土産屋さんがほとんど
無いのでお土産に困って大体は守谷サービスエリアで
納豆を買って帰ります。

納豆は喜ばれる事と困られる事と両方有るので知人など
には配れないので家の分しか買いませんが…


このまさに守谷サービスエリアで私が良く買う納豆が
取り上げられていました。


上記サイトにも載っているだるま納豆です。


スーパーでは格安商品である納豆は数円の違いだけで
現在のデフレ状況では売れ行きが変わってしまうそう
です。

で、スーパーからは原価割れ位の値下げ要求が来る
そうですが、だるま納豆はそれを断って。

高付加価値を付け、サービスエリアや高品質
な商品を割と置いているスーパーに置いて貰い、
それが良い売れ行きなんだそうです。

さらにこのだるま納豆を作っているだるま食品。


なんと「萌え」系に販路を見いだし、コミケに
納豆カレーという商品を投入し、今回の放送で全部
用意した数が売り切れていました。


これだけ厳しい経済情勢ですと、こういった色んなhint
が散らばっている番組をなるべく見るようになります。

と言いますか、そういう番組にしか貴重な時間を費やす
気が起きない位、精神的に余裕が無くなりますね…


それらを反映してか、単純な数字だけの視聴率の時代
では無くなってきて、企業も同じスポンサー費を掛ける
なら費用対効果がより高い番組にCM代を出すように
なっているらしく、ガイアの夜明けもそういった視聴率
以上の費用対効果の有る番組としてCMを出したい企業が
増えているそうです。


小さい子が見る番組にはおもちゃのCMを流せば効果が
上がるのと同じく、経済番組には…という事です。


一昨年位までは番組の合間にある小劇は役所広司が
一人二役などで小芝居を打っていたんですが、去年
のいつ頃か、他の出演者もエキストラみたいに沢山
出るようになっていました。

今年になってから、昨年の内に新聞で読んで知って
いましたが、この小劇をする、ナビゲーターみたいな
出演者が役所広司から江口洋介に変わりました。


見てる人の層が凄くシビアだと思うので、下手なドラマ
などよりよっぽど良い演技をしないとならない枠だと
思いますので、江口洋介の演技も凄く気合いが入って
いるように見えます。


ロケも今までスタジオで狭い室内でやっていたのが
外での撮影に変わりましたし。


数字以上の視聴率を企業が凄くサーチしている証拠
なんだろうな、と思います。

かかっている費用が明らかに上がっている事で。


実際、今回の番組名でググると。


そのググったアドレスやその他、関連してちょっと見て
為になりそうで読んだ日経ビジネスオンラインの記事は
以下に続きます。


ガイアの夜明け デフレと闘う! 第1弾 - Google 検索


もの凄いレスポンスがブロガーなどからも有るんだなと
分かり、企業もこういったブロガーの反応を見ている
んだと思います。


デフレスパイラルで生き残るのに有用そうな記事で
以前読んで、そのうちblogにpicupしようと思って
いた記事が幾つか有ったのでそれらもご紹介します。


「日経ビジネスオンライン会員」に登録していないと
読めませんが、登録は無料なので登録しておいた方が
良いと思います。

メールマガジンが来たりしますが、それでもこれら
有能な記事が無料で読めるのはメリットが大きいと
思いますので。



ロングテールをリアルに実践~九州に“凄い”ホーム…


> 同社では陳列の際の色順が決まっている。メイン通
>路や入り口から順に、「赤」→「黄」→「緑」→「青
>」→「紫」と、光の波長の長いものから順に並べてい
>る。ちなみに、上下で言えば、上の方が「赤」だ


これら色遣いの事などはもの凄く勉強になりました。

他にも沢山、hitが散りばめられていました。

それともう一つ。


日本一視察が多いスーパー、ハローデイの“感動経営…


これは以前、ガイアの夜明けで取り上げられていた気が
します。


調べてみたら。


価格.com - 「ガイアの夜明け」2009年7月28日(火)…


やっぱりそうでした。


こういったhintを常日頃、観察し、取り入れられる物や
サジェスチョンを与えてくれそうな物を日々、探して
お客様にご提供し続けて行きたいと思っております。


そうした事で、こうやって私が集めた情報やトレンド
などを髪型やお店のサービス以外の事でも何でも
お客様に還元し、それによって当店を選んで頂ける
お客様にも良いファクターになれば、との思いも
常に持っております。


今後ももっと努力し、お客様と共に不況にも負けず
成長し続けて行きたいと思っております。



今後ともご贔屓のほどを宜しくお願い致します。
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ