FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
01月23日(土)

捕鯨問題 

ここ数年話題になる捕鯨問題。


正直色々な意見が有りすぎて実態は良く分かりません。


ただ、先週号のnewsweekの日本語版に今月初頭に起きた
シーシェパードの船が衝突して沈んだ件が載っていて、
それは日本語版なので日本向けにある程度は編集はして
いるんでしょうが、アメリカ視点の、またnewsweekと
言う大衆、娯楽向けでは無いポジションからの
記事、見方が分かるという点で興味深く読みました。


日本国内で生活していると日本の意見ばかりが目に入る
ので。

英文サイトを読みまくれば違うんでしょうが、物理的に
時間が有りませんし。



そのnewsweekの記事の要約やちょっと調べたサイト類
などは以下に続きます。


ページの1/3の小さな記事です。


シーシェパード衝突の宣伝効果 | ワールド | 最新記…

>>強い決意以上にシーシェパードには得るものがあるか
>もしれない。彼らの活動は、ケーブル局のアニマル・
>プラネットが放送するドキュメンタリー番組『鯨戦争
>』で紹介される。08年に始まったこの番組の人気は高
>く、昨年8月に放送された第2シーズンの最終回は3
>20万人という記録的な視聴者数だった。

> 今回の高速船の衝突シーンが、今年夏放送予定の第
>3シーズンの目玉になることは間違いない。



有料放送のアニマル・プラネットでの人気番組に
なっていたんですね…


newsweekもどちらかと言うとスタンスはアレですが。


反捕鯨の立場のグリーンピースジャパンのサイトなども
読んで判断した方が良いと思いざっと目を通して
みました。


活動目的: なぜクジラをとってはいけないの?::Gr…


だれが「ホントに」クジラ肉を盗ったのか?::Greenp…


鯨だけかと言えば、現在進行形で凄い勢いで制限が
かかりだした物がクロマグロです。


2009/11/09 ICCAT年次会合が開幕―ICCAT科学委員会…


これは最近TVでやっていましたが、西欧でマグロを
食べていると顰蹙を買うとかそんな感じのニュースを
見ました。


本当に必要で利益も生まれて需要も大きければ養殖の
技術も進化して追いつくんでは、と思っていますが…


国益の観点から捕鯨をやめるべきだというような記事も
有りました。


メディアが伝えぬ日本捕鯨の内幕 税を投じて友人を…


国家と国家の付き合いにおいて友人とか友情とかは
長続きするものじゃないと過去の歴史では思うの
ですが…

国益などを考えると意見の一つだなと思いました。


外国人の反応に関する記事。




らばQ:日本の捕鯨活動妨害の「シー・シェパード」に…

こちらではアニマル・プラネットの「Whale Wars」に
ついても書いてありますね。

世界100ヵ国で視聴されているとの事です…


ちとネタっぽい所ですと…


外国人の反応を見てみよう!もちろん国べつ   シ…


下の方のコメントが面白かったです。


パタゴニアがシー・シェパードを支援している事は
有名ですが、


「パタゴニア」が反捕鯨団体支援 日本支社に抗議の…

有名人も沢山支援しています。


時事ドットコム:ハリウッド大物らが支援、資金提供…

ショーン・ペンやブリジッド・バルドー、
マーティン・シーン、ピアース・ブロスナンなど…

他にはミック・ジャガーやレッチリのボーカルなども。


日本の意見で捕鯨賛成な意見は。


オーストラリアのシーシェパード擁護に見る 反捕鯨…


捕鯨問題 まとめwiki - トップページ



日本政府の捕鯨の一番の目的は何ですか?オーストラ…


日本は中国のように情報統制がかかっている訳では
ないですが、普通のTVなどの報道や掲示板の類だけの
情報を鵜呑みにするのではなく、出来れば海外の意見
なども良く見た上で判断しないといけないと思います。



ただの感情的な意見だけでここまで反対されるとは
思えないですし、また、ただ日本側が意見を受け入れる
だけですと、そこはやはり伝統や文化という事も
関わって来ると思いますし。



興味有る方は以下のような検索結果から色々と、
日本側の視点が多くなりますが見て下さい。


捕鯨 オーストラリア グリーンピース - Google 検索


捕鯨 シーシェパード - Google 検索


newsweek シーシェパード アニマル・プラネット - …


捕鯨問題 - Google 検索



心情として強引に押しつけられると反発心が
沸いてきます。

誰だって理不尽だと思えば反発心を抱きます。


TV番組に乗っかったからといって違法行為が許される
訳では有りません。


日本だって無法国家では有りませんし。

その為の国際機関などが有る訳ですし、きちんと法的な
常識の範囲内で交渉などを行って欲しいと思います。


文化とか宗教などもきちんと相互理解をした上で
意見を主張するなら分かりますが、熱くなっている
側は相手方への知識と理解が足りない事が多いと
思います。


当然それは日本側もですが…


しかしこれらの過激行動は日本じゃなかったら武力行使
されるんではと思います。


基本、なめられているんでしょうね…


色々と難しい問題を沢山抱えていますが…


法的に明らかに行き過ぎた行為にはきちんと対処して
欲しいと思います。
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ