FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
02月04日(木)

100204サロンヘア 

本日はアイロンパーマのお客様の仕上がりと、
そのプロセスとコンセプトをご紹介したいと思います。


もう今の時代、パンチパーマはねずみ先輩とかが出た
ので多少の認知度は有りますがアイロンパーマという
名称自体が死語になっているかと思います。

サロンによっては、名称をパーマアイロンと変えて
売り出していたりするそうですが、私はそういう
ネーミングセンスというか商売っ気に欠ける所が有る
ので良い名前が思いつきません…


昔のアイパーとパンチパーマを組み合わせて、更に
進化させてほぼ別物と化しているパーマ、とでも
言いましょうか…


剛毛で生え方にクセが有って短めで汗をかく機会が
多かったり、スポーツをする方などでオンオフの
区別をはっきり付けたい方などにお勧め致します。


形状記憶パーマとでも言いましょうか…


カット後に薬液処理をして、これからアイロン処理を
する前の状態の写真です。

10020401.jpg



横なども広がっていて立ちます。

アイロンをかけやすい様にバックめに乾かしたので
少しバックに毛が向いていますが、前髪などは前に
落ちてきます。


で、仕上がりです。


10020402.jpg


ドライヤーでさっと乾かしただけです。

アイロン処理をした後に。

この状態が一月半位は持続します、この長さですと。

ツヤも有り、ほとんど痛みが無い事がお分かりになる
かと思います。


横も乾かしただけで先ほどよりぴたりと寝ています。
不自然にでは無く。


この技術は、以前、私がコンクールで優勝するまで
取り組んでいた技術を応用しています。

10020403.jpg


金髪の毛にアイロンのパーマを掛けるので痛まない
ようにする技術をもの凄く磨きました。


一昨年講習でデモストをした際に撮った写真です。

10020404.jpg


この応用です。


以下に他のアイロンをかけている時の写真や仕上がり
などを載せていきます。


10020405.jpg


別の角度からのアイロンを掛ける前の写真。

カットは終わって、この状態からアイロンをかけて
行きます。


10020406.jpg



先ほどの写真のようにからっからに乾かして、アイロン
の温度も極めて低く設定し、角度も昔のアイロンは
90度位の角度で折ったのを42度位にし、その代わりに
圧力というかテンション、張力を利用して、髪の毛の
中の側鎖を切って行きます。


最初にアイパーみたいな感じで角度の余り付かない、
ですが丸くもないアイロンで形を作る上での最低限の
二カ所だけ上記の様に側鎖を切ります。

全体、その作業を終え、前髪から別のアイロン処理を
始めている所です。




10020407.jpg



2度目の処理をこのようにいわゆるパンチパーマを
かけるアイロンで温度を極めて低く設定し、折ること
なく滑らせて37度位の角度からワラビの様な形を
毛の長さに合わせて作って行きます。

毛先はまったくアイロンではいじっていません。

二度の行程で。


10020408.jpg



一見、パンチパーマのようで、始めてのお客様は
驚かれます。


ですが。

10020409.jpg


乾かすと、こんな感じになります。

ブラシも使わずにドライヤーでさっと乾かしただけ
です。

10020410.jpg



ツヤも出ていて、痛みや折れている所なども見あたり
ません。


セットで流したい方向に乾かしただけで流れて
行きます。

オフタイムはこんな状態で、キャップを被ってしまって
も良いですし、セットの必要は有りません。

逆に、スーツを着て、このお客様の場合は飲食関係の
統括みたいなシーンに立ち会う事が有るそうなので、
ワックスでもジェルでも少し付けるだけでもビシッと
した、ですが刈り上げの部分も多少伸びたような自然さ
も出してあるので、今の流行に合った感じのスタイルに
なると思います。



以前、blogにも取り上げた私のコンクールでの作品の

10020411.jpg




10020412.jpg

などの技術の応用で、さらに時代に合わせて進化させた
技術です。




このお客様にもとても気に入って頂け、以後、この
スタイルを継続して頂いております。


そのお客様の髪質や、お好みのスタイル、仕事上での
シーンやオフタイムでのご趣味など、色々な事を
考えた上で持てる技術をすべて投入し出来る限りの
ご提案とスタイルをご提供したいと思っております。

当然、時代と共に進化、進歩も欠かさずに行って
いるつもりで、それはまだまだ足りていないと思って
おりますし、自分でもまだまだ満足しておりません。


至らない点も沢山有ると思いますが、お客様のご希望に
出来るだけお応えできるよう、日々努力しております
ので、お気軽に色々なご要望をぶつけてみて下さい。


基本、体育会系でソルジャー体質なので、ミッションは
高めなほうが燃えますので…
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ