FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
02月18日(木)

『ネトラン』『PCJapan』が休刊その1 

私がずっと購入し続けていて、お店にも数冊、置いて
あるPCJapanが今月号で休刊となりました。


『ネトラン』『PCJapan』が休刊 ネット黎明期の終…



資金繰り悪化で休刊する“ネトラン”最終号 「どう…


ネットランナーは無くなっても困らないんですが…

PCJは困りますね…

しばらくすると慣れるんでしょうが…

長年、一通りざっと目を通して、何か情報が必要に
なるとPCJのバックナンバーから引っ張り出して読んで
それで分からなかったりもっと深く知りたかったらweb
で検索、という習慣が付いていたので…


一時期、連載を受け持っていた人が犯罪を犯して休刊
していたんですが、その時にやはり困って、PCJの
代わりになりそうな雑誌を探したんですが見つから
なかったんです。



ソフトバンクBB、恐喝未遂事件容疑者逮捕を受け発表…

幅広く、ですが深く色々と記事が載っていて本当に
良かったんですが…


以前のバックナンバーで古いのは大分捨ててしまった
んですが、数冊は目次と残しておきたい記事だけ
切り取っていました。

押し入れを少し見てみたら出てきました。


1999年の5月号です。


10021801.jpg




一回、休刊するまではもの凄くUG寄りの記事が多くて
昔のネットは本当に混沌としていたので、当時は興味
深く楽しみにして読んでいました。


10021802.jpg



ハッカーだの裏だのばかりの目次が…


K6-3って、また懐かしい…

Melissaとか。

10021803.jpg



防御をするには攻撃を知っておかないと効果が薄い
と思うんですよね…

そんな事は無いですかね…

10021804.jpg



IE5にWin98のカスタマイズなどが載っています。


さすがにもう必要ない記事ですね…

捨てちゃおうかな…


その他のページや昔、有ったサービスなどは以下に
続きます。


10021805.jpg



usa.netのメールアドレス、私も取りました。

当時は英語のサイトでメールアドレスを取るとか
したことが無くて初めてだったのでもの凄くワクワク
しました。

ただ確かusa.netはpop3アクセス出来なかった記憶が…


こういったフリーのメールアドレスを色々と取るのも
楽しくて沢山取りました。


レアな所のアドレスを使っているとGeekな感じがして。

eastmail.comとかflashmail.comとかから始まって…

firemail.deはドイツ!って感じで好きでした。

ok.kzとかtut.byとかseznam.czとか東欧のメアドも
通っぽくて好きでした。

もの凄くメールサーバ落ちていますが。

kzはカザフスタンでbyはベラルーシでczはチェコ
です。

.ruのロシアのメアドも幾つか持っていましたが
これも良く落ちていましたし、サービスもすぐに無く
なるものが多かったです。

こんな事にも興味を持ったのはPCJ、もっとも当時は
PCComputingでしたが、その影響は大きかったと
思います。


10021806.jpg



昔はUGって普通に通っていましたが今だと意味不明
なんではないでしょうか。

アンダーグラウンドの事です。

10021807.jpg



自作すら「裏」です。

ですがオーバークロックなど、PCJの記事ですと検証
して有るので信憑性が高くて良かったです。

随分とOCしていましたね…昔は。

今もしてるPCは有りますが(笑


10021808.jpg



富士通のFM-7以来のPCだった私にとって、FDISKは
ハードルが高かったんですが、随分とこれらの記事が
役に立ちました。

当時はそもそもブロードバンド環境が無くてネットに
繋ぐのもアナログでテレホーダイでしたから夜中じゃ
ないとゆっくりネット出来なかったんです。


もの凄い月の通信料を払っていました…


10021809.jpg



venusさんの記事です(笑




石川英治 - Wikipedia



10021810.jpg



Vladさんの記事です、こういうのがコンビニに置いて
有ったっていうのが凄いです。

10021811.jpg



次号予告。


20Gハードディスク!

今だとUSBメモリどころかSDカードでも余裕の容量
ですよ…


当時のPCComputingって680円だったんですね。


安いなぁ…


これだけの内容で。



そして押し入れを見たらその次号の1999年の6月号が
有りました。


その内容など、続きます。
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ