杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04月18日(日)

ドラフトとコンテキスト 

すみません、また「リストラなう」からのネタなんで
すが。


もの凄く読みやすく色々な事が知れるのと、当然勉強に
なる事も多くてとても楽しみに読んでいます。


で、また知らない言葉ネタなのですが。

プラスアルファでたぬきちさんも仰っているように
これからの消費、その形などを取り上げている
「コンテキスト化」「コンテキスト消費」。

これは、凄く色々なhintが詰まっているなと思い
もの凄く興味深く読みました。


まずは「ドラフト」についてです。


続きは以下に続けます。




その15に出てきた「ドラフト」と言う単語。

私の拙い英語力は大学受験時か好きな洋楽か戦争映画
から調べた物で、しかもそれらは古くさび付いている
記憶が殆どなのですが、ドラフトって選抜する、みたい
な意味だと思っていたんですが…

どうもこの文脈からはそういう意味じゃないようです。


ドラフトビール、もなんとなく「選抜された」美味しい
ビール、みたいなネーミングだと思っていたんですが。


はてなのリンクで見てみますと。


ドラフトとは - はてなキーワード


「下書き」

という意味ですかね。


またドラフトビールと言うのも樽に詰められたビール
という意味のようです。


wikipediaを見ると、


ドラフト - Wikipedia


draftと言う言葉自体は「選抜」と言う意味で合って
いるようです

「徴兵」なんて意味も有るんですね…

余談ですが

ドラフトビールは日本では生ビールと同義で使われて
いるようですが、生ビールと一言に言っても色々と
変遷が有るようで…



生ビール - Wikipedia


美味しければ何でも良いんですけどね、消費者、
というかビール好きからすると。

ドラフトという用語で一番ポピュラーなのが野球など
でのドラフトではないでしょうか。



ドラフト会議 - Wikipedia


で、同じblogの記事中の後半に出てくる、
「コンテキスト」についてです。

コンテクスト、も同語です。


これも良く見る単語ですが、意味が分かるようで
分かりません。

「コン~」と付くのでなんとなく「コンカー」、
つまり「Conquer」意味は征服する、とかですが
そのイメージから標準化するとか平らにするとか
そんな感じに考えていました。


そうしたらコンテキストにも意味が沢山有るようで…


コンテクスト - Wikipedia


「文脈」、「前後関係」なんて訳されるみたいですが
一般的には。

ただ、ブログにも書いてある引用されている意味での
「コンテキスト消費」は、




>今、多くの人々に楽しまれているのは、
>コンテンツ消費ではなくコンテクスト消費だ
>といえる。
>つまり、特定の曲や動画などの1コンテンツが良いの
>悪いのではなく、ある「文脈」にのっとって皆が
>参加して盛り上がれるか、どうか。
>そういう場や総体を共有して楽しむという方向に、
>エンターティメントの楽しみ方の主流が移行して
>来ている。
>
>最近、何が面白い? と若者に訊いた時に、特定の
>「作品」ではなく、流行している「現象」や
>「ジャンル」や「WEB上の場」を上げるケースが多く
>なって来ていることに、気づくだろう。
>それが「コンテクスト消費」である。
>(ブログ「インタラクリ--インタラクティブと、
>クリエィティブ。広告とメディアの変化。新現象の
>観察記」より)

ルール・クリエィティブ。|インタラクリ


一昔前だとmixiとか今だとtwitterやニッチな所
だと初音ミクとかラブプラスとか。

そんな感じなんでしょうね。

上記ゲームはやったこと有りませんが…

トレンドとして把握はしています。


これからの多様性の時代だからこそ、ビジネスには
「コンテキスト化」「コンテキスト消費」を作る、
また予想するような能力が必要なんでは、と強く
思いました。

業界全体でこういった取り組みをしないといけないな
と思いますが…


業界全体に意見出来る訳でも有りませんので、個人の
レベルで努力します…


しかしこれだけ流動性が激しい時代になってしまって、
こういったトレンドやキーワードから一度、取り残され
たらと思うとゾッとしますね…

もうついて行けそうな気がしません。



必死に食いついて行かないと…


色々勉強して。


一昔前みたいに自営業で自店舗で狭い業界でのほほん
としていたら、そうなってしまったんでしょうね、
一部の環境に恵まれた人達を除いて。


今はネットでこうやって補えるので助かります…
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。