杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
--月--日(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06月07日(月)

2010年度ブロース講習第07回FINALと過去の作品 

今回の最後の講習が先々週、終わりました。

前回、デモンストレーションした作品を更に直して、
今月の東京都の理容の大会に出場する選手に手本代わり
に渡しました。


仕込みがいまいちだったので直してもそんなに良い出来
になりませんでした。


今回の記事を神奈川の平塚の教育部長のお店の選手も
見るかもしれないので、今までの作品が載っている
リンクを以下に張り、その下に今回の作品を直した
写真をアップします。





2010年度ブロース講習第06回


ブロースデモストat平塚


2009年度ブロース講習11回デモスト直しver2


2009年度ブロース講習10回デモスト直しver1


講習でのブロースのデモスト


以下に作品の写真を貼っていきます。


正面。


10060701.jpg



左45度。


10060702.jpg



後頭部のボリュームが少し足りません。
襟の上を失敗しているのでそれが響いています。
バランスを保つ為に犠牲にしているので。


左横


10060703.jpg



横から見ると後ろの真ん中から下のボリュームは
大丈夫な用に見えますが、もう少し肉が残って
いたほうが良いです。


真後ろ。


10060704.jpg



少し上の左右の45度の角が丸いかな、という感じです。


左後ろ45度。


10060705.jpg



もう少し後頭部の一番出っ張りの部分にボリュームが
有った方が良いですね。


右横。


10060706.jpg



後頭部に少し穴が空いています。

仕込みの説明をしたときの問題で失敗では無いの
ですが。


右前45度。


10060707.jpg



やはり少し後頭部の肉付きが足りません。


先のリンクの過去の自分の作品と比較すると、やはり
年々、丸くなって行きますね。

そのほうが営業で作るデザインに近いんですが…

意図して四角切れる事も必要なので、次回はわざと
角めに作ってみようと思います。





こういったスタンダードな作品はすべてのメンズの
デザインの基本となるものなので、そのバランスが
理解出来ているのといないのとでは後々の作品などの
バリエーションに差が出ると思っています。


メリハリを作ったりとか、またここからわざと崩す
としても崩す元が分かっているのと分かっていないの
とでは違うと思って居ます。


流行は私が理容師になってから19年、常に変化して
行っているんですが、今でもお客様の写真をブログに
アップ出来るのはそれなりに勉強してきているという
自信が多少は有るからです。


その元になっているのはこれらのコンクールで寝ないで
勉強していた物なので、私はこれをアピールする
んですが…


理容、美容もでしょうが、ゴールは無く、ですが通過点
は沢山有るなかで、どれが正しいとかそういう事は
人それぞれでしょうから私は良くは分かりませんが、
幸運な事に私はこうしたコンクールの場の最前線に
立てたので、それを活かしています。



そういう道を歩んでいく時には多くの諸先輩、先生方
の助けを沢山受けてきたので、こうして今でのもその
恩に報いるべく、若い理容師さん達に指導しています。


こうした取り組みが地域の小さいところで行われ続ける
事で業界が活性化し、サービスの質が上がればお客様
だけでなく業界全体、それが回って私個人の為にも
なると思って行っています。


だだ時代と共に、私のポジションも変わってきて、
一筋縄で行かなくなってきているな、と言うのは
感じますが…


そんなに大した力を私個人が持っている訳では有り
ませんが、出来る範囲で一歩一歩、色々と取り組んで
行こうと思いますし、それしか出来ません。


今までこれらの事は当たり前の事だと思っていました
ので、あまりお客様などに積極的にお話しする事も
有りませんでしたが、今はインターネットが普及し
このブログもそうですが、今流行のツイッターなど、
色々と変化が訪れていますので、自己アピールが
出来る事もこれからの時代に必要だ、と思って
こうして書いています。


そういう意味で仕事の基本は変わっていませんが、
それを伝える事をこうしてネットでアピールする事も
サービスの一つなんでは、と思うようになって
来ました。


そういう意味では教える事自体は時間的、体力的、
気力的に厳しい物が有りますが、そういうネットを
利用する事を学ばせて貰っているので、私も講習を
通じて大分学んでいるのかな、とも思います。


これからもこうした仕事の事で行っている取り組みを
アップして行きますので、お時間が有るときで良い
ので興味が少しでも有りましたらお付き合いを
お願いいたします。
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。