FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
01月23日(火)

ナイジェリアの手紙 

以前、新聞で読んだことが有った詐欺の話だったんですが、
別の所で再度、見かけてwikiで見てみました。

ナイジェリアの手紙wiki

そうしたらこの詐欺形態の原型として挙げられている物に
「M資金詐欺」と有り、これは有名なので知っていたのですが
「スパニッシュ・プリズナー(スペインの囚人)」こういう
物も有ったんですね、さらに昔の詐欺形態で。

しかも16世紀から有る詐欺みたいで…凄いですね。
詐欺も有史以前から有る最古の職業?の一つなのかも
知れませんね。

過去に頭の良い人達が色々考え出した物をさらに頭の
良い人達がリビルドして進化し続けているのだから
巧妙にもなりますね…

国際的な詐欺の手法は「資金洗浄」「政情不安定な国」
「軍事」「財閥」「独裁者」「裏資金」「秘密」
「事前に」「あなただけに」「信用」
こんな所がキーワードみたいですね。グローバル関係無い
キーワードも有りますけども。
スペインの囚人wiki
M資金wiki
こういったキーワードは常に頭に入れてアンテナを
張り巡らせておいて損は無いですね。こんな世の中ですしなおさら。
「事前に!」「あなただけに!」「信じてください!」。
詐欺師のキーワード、これ当たってます。二千万近く騙された本人が言うので間違いないです。(*^_^*)
騙されれば人は必死で警察署に駆け込みますが、昨今、詐欺師が多すぎて、被害額が少なかったり被害者一人じゃ警察は相手にしてくれません(被害届の出た数重要)。証拠不十分だとか、民事事件だとか言って被害者を追い返そうとします。傷害や窃盗のように証拠がすぐに挙がって立件まで容易な事件なら検挙率も上がって警察官は喜びますが、知能犯に関しては立証に手間隙かかって所轄に担当が5人いるかどうかじゃ、そういうのにいちいちかかずらわってはおられん、”物理的に対応不能”というのが本当のところのようです。とにかく騙されたら人生一巻の終わり、貸した金は戻ってこない、くらいなことを小学生の頃から教育してほしいものです。「道徳」なんて授業がありましたが、為政者にしてみれば「いい子」を育てるのに都合がよいのかもしれませんが、実生活で身を守る助けになっていません。それでも、こうしたネットやブログのおかげで、ちょっと疑って調べれば容易な嘘は暴けるわけで、金を出す時は情報入手に手間隙を惜しまぬことが大切ですね。hiraさんは、情報入手・整理・分析の、能力もスピードもピカ一なんで、ブログをいつも楽しみに読ませてもらっています。守備範囲の広さもいいですね! ネットで身を守る人、ネットでまたさらに騙される人、いろいろです。
[ 2007/01/24 16:34 ] kashiwa [ 編集 ]
>kashiwaさん
守ってばかりだと逆を言うと儲け話には乗れないっていう
デメリットも有ります。
ベンチャー事業はほとんどがバクチみたいな物ですし
投資も投機も株もみんなハイリスクハイリターンが
基本ですから。
情報を集めてから話に乗るとすでに遅い事が今の時代
ですとなおさら多いですし。
ただ、歴史は繰り返されているし進化の元になる事項も
多々有るし、諺などはまさにその典型ですし、そういう
物を常日頃から頭に入れておく習慣が有るとそういう
儲け話の乗るのにも役に立つかと思われます。

今週のflashを読んだら、ソフトバンクの孫さんや
ビルゲイツは孫子を若い頃に勉強して孫さんは
名前も同じだけに20台前半で孫子の兵法に大分、
精通していたみたいです。

だまされるのはしょうがないです。出会いも運ですし。
あの古代ローマのカエサル(ジュリアス・シーザー)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%A6%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%82%A8%E3%82%B5%E3%83%AB
ですら自分の子供であるブルートゥスに裏切られて
暗殺されてしまう訳ですし、戦国時代なども日常から
騙し騙されな訳で、世の中、こういう物なんですきっとw
ガキの頃、ウチは結構、騙されて裁判になったり離婚で
ゴタゴタしたり親類にヤクザが絡んで…
なんてのをガキの頃に目にしてたのでその辺に敏感
なのかも知れません。。。。。
[ 2007/01/24 17:38 ] hira [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ