FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
01月15日(火)

2007第59回全国理容競技大会の結果 

もう去年の話ですが10月22日に岩手で行われた
第59回全国理容競技大会。

友人や知り合いや昔一緒に競い合った選手が現役で
頑張っていたりして知ってる人が沢山出て居ました。

以前、日記にも書いた選手は。
全国大会練習会見学○

残念ながら準優勝でした…

全国理容競技大会の結果

今年も頑張るみたいなので是非、良い結果になることを
祈っています。


去年の春から初夏の3ヶ月間、毎週やっていた講習で
一緒に講師を務めてくれたY選手が

cf.ブロース講習今年度最終回
なんと!

全国大会第四部門優勝しました!

全国理容競技大会の結果

第59回大会第4部門優勝作品

おめでとう御座います!

東京、関信越と微妙だった結果だったのですが、最後に
一番良い結果が得られて良かったと思います。

2年間、一緒に講習を教えてきて、もの凄く基本に忠実な
仕事をするなという印象で、私はどちらかと言うと亜流で
色々な所から学んで自己流でさらにかみ砕いて…
で、ずいぶん迷ったり間違った答えを出しつつ正解に
近づけて行くという手法なのですが、Y君は違います。

これは、私が2000年に東京3位で関信越に出た時に
東京、関信越と連覇した選手もそうなのですが、一人の
師匠にびったりとくっつき完全にコピーしてから自分の
物に消化していく。

私が思うに両者多分こういった選手でした。

短期間で成果を出す選手はこういう選手なのかなぁと
今回思いました。

私とは全然Y君は流派?というか流れが違うので
作品も何度か見せて貰いましたがブロースという
ものについては大体、高レベルの選手は自分の作品に
ついてダメな所や失敗した所は分かっているので
あまり当たり前な事を言ってもしょうがない事が
多いです。

で、過去に有名だった選手の当時現役退いたばかりの
まだレベルの高い頃にお願いしてビデオを撮ったデモスト
をDVDにして参考になるかと渡したり、あと本番時に
精神状態を良い状態に保つ私が聞いていたクラッシックの
CDを渡したりと役に立てば良いなという感じの物を渡して
応援していたのでした。

私は現役後半時は良く「本番に強い」と言われましたが
そこまでの安定した作品を常に作るためにはずっと苦労
して試行錯誤をした結果、そういう状態に持って行く
努力をしていました。

事実、元々は上がり症で3年目の東京都の大会では
自分の手をバッツり切ったぐらいです。

他にも観客席が近い場所で競技すると緊張して
頭真っ白になったり…

更に気合い入りすぎて逆に余裕が無くなって
少しのミスもリカバリー出来なかったり。

逆に気合いが抜けていて力も抜けていて凡ミスを
したり。

タマに調子良くて練習より良い作品が出来たり。
これも良くない事で、何時も練習より良いものを
作れるなら良いですがそんなことは殆ど無くて。

また、引退後に指導できるようにと考えて競技を
していたので、全部自分の血肉になっていないと
イヤだったのでそんなあやふやな説明出来ない
技術は偽物というか。

練習で出来る作品の9割の物をどんなに体調が
悪くても作れるような状態を目指していました。

作品の事前の仕込みなども全部自分でやらないと
先に挙げたように自分で後に指導出来なくなって
しまうので下手でも必ず自分でやっていました。

競技前、中の精神状態をコントロールするにあたって
色々なアスリートの本などを参考にして、
当日の朝の精神状態から聞く音楽を選択して、
また直前の1時間前にこのぐらいのテンションなら
少し下げるのにこの音楽、下がっているなら
この音楽。
みたいに数種類の音楽を何時も聴いていました。

ワーグナーのワルキューレを聞いてアドレナリン出したり
カノンで落ち着かせつつ微妙に保ったり、微妙に
テンション上げていく時にはボレロを聞いたり
ビバルディの四季を聴いたり。

それによって、本番にはテンションが上がってる状態を
8割ぐらいというか、気合い入っていつつ、少し冷静に
物を客観的に見れるぐらいで回りの選手や観客などには
目が行かないぐらいの状態を保って居ました。

結局は自分自身との戦いで常に自分を追い越す事
のみを追求する事こそが究極の目標だったので、
練習もしかり競技もしかり、自分だけを客観的に
見れさえすれば結果も出ますので。

これらの事がCDを通じて伝わったかは分かりませんが
寝るときに少し聞いてイメトレなどにでも役だって
くれていれば私としては幸いだったのでY選手は
本当に頑張っていたので(他の選手も皆そうでしょうが)
渡したのでした。

今回の第四部に限っては、特に仏教徒という訳では
有りませんが「因果応報」を感じました。

やった事は回り回って自分に返ってくる。良いことも
悪いことも。

別のことでいくら頑張っても消えることのないカルマ。
業。

こういうのは本当に有るのかな?と少し思いました。

高いレベルの競い合いになると運などの要素も大きいので
なおさら。

しかし今はHPで全連も東理同組も色々と公開していて
良いですね。

私の頃にもHPでちゃんと公開してくれてれば良かったのに…

第51回関東甲信越理容競技大会タイムスケジュール

こんな感じで。

ずるいよな…いいよな…と思ったので。

しょうがないから自分で公開します(哀

というか東京選手団のユニフォーム、まだ変わってないんですね。

随分と長く同じ物を使っていますね…

00kannshinn01_500_hairhira.jpg


私の頃にはサイズの種類が余りなくて危うく私はピチピチの
小さいのを着るハメになりそうでしたw

00kannshinn02_500_hairhira.jpg


競技直後に撮って貰った写真が我ながら会心の笑顔で
今更ながらほほえましいですw

東京都大会では実力のほぼ全てを出せて実力の9割5分ぐらい
出せてもっと会心だったのですが長いキャリアの選手や
優勝しまくっていた選手など多数だったので、当時は
東京都から関信越に出れる選手は7人だったのでその7の
枠に入れるか不安だったので…大変でした。

関信越では実力の8割8分ぐらいしか出せなかったのですが
空調がおかしかったり色々と嫌が(略 なども有った
状況でここまで出来たのは有る意味会心でした。
父親も車椅子に乗って居たような状況で精神的にも
ボロボロでしたし。

結果は審査が(略 だったのでアレですが当時の
東京選手団の方達やコーチ陣などからは正しい評価を
得ていたので私はそれで満足して引退を決めました。

色々な事に疑問も持っていたし他にやりたかった事も
出てきていたので。

このブロースという物自体は自分の設定する完成度が
100としたら私のmaxは88ぐらいでしたが…

ここまで行くと1UPを目指すだけで本当に大変で。

逆に倒れそうなぐらい練習しましたが東京都で優勝
出来た種目は完成が100だったら96ぐらいまでは
身につけました。

どのみち過去の思い出でこれを今後の人生にもっと
どう活かしていくか、これが現在の課題ですが…

年末ずっと調子悪くて年明け正月進行?で飲み疲れ?て
いたので、先週、講習をこなして年末から溜まっていた
動画の編集などこなして今週から本格的に練習から
PCの色んなappの勉強やら筋トレやら復活して行きます。

取りあえず痩せないと…orz

体重オーバーしてると色んなモチベーションも
下がりますから。
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ