FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
01月23日(水)

i塾練習会06回目 

i塾練習会の6回目です。

年明け一発目です。

今回は前下がりのワンレンです。

前回、短く攻めすぎたのでその点を反省して
慎重に慎重に切りました。


ビビりも入ってえらく長く…

080109_i0601.jpg

そして一番進行が遅かったです(汗

カットしてる最中は自分自身に入り込んでしまうので
分からなかったのですが後半、少し集中切れて回り
見たら私だけ激遅でした…


以下お手本の図。
080109_i0602.jpg
080109_i0603.jpg
080109_i0604.jpg

カット中の写真を撮って頂き提供して貰いました。

080109_i0605.jpg

一番左が私なのですがこの写真だけで自分の
動きの駄目さが色々と分かります。

脇がくっつきすぎ。

頭が寄っている。

肩が上がっている。



この3点だけで如何に自分が不器用かという事が証明
されています。

人間の体は関節の数は決まっています。

その柔らかさとは、言い換えると器用さとは私が
思うに体の操作が生まれつき上手い、本能でその目的の
結果を一番出せる動作を無意識で出来る事だと。

指先で行う仕事でも頭の位置から肩の張りからヒジや
背中の曲がり方から全部がその結果を出すために
一番良い姿勢と動きで。

それが「本能」「生まれつき」で出来ない人達が
所謂「不器用」な人達です。

この「不器用」な人達には色々共通点が有ります。

まず最初に目線が近くなる、頭の位置が近くなる。

肩が上がる。背中が曲がる。

これが私ですw

長い年月を掛けて頭で理解しつつ矯正してきた
つもりですが馴れない仕事をするとすぐに
その悪い癖が出てきます。

髪の毛一本一本をただただ正確に切る為には
これらの事をクリアしないといけません…

ですが不器用な人ほどその多くの「本能」で
動いてしまう悪い癖を頭で矯正すると器用な
人を上回れるというのは自分で体験してきて
居ます。

体も使いつつ頭も使ってそれらの困難をクリア
してきたのが私のスタイルですので頑張ります…
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ