FC2ブログ

杉並、下井草の理容室hiraひらおかのブログ

お店のサイト http://hairhira.com
03月12日(月)

予は常に諸氏の先頭に在り-硫黄島からの手紙 

硫黄島からの手紙を見ました。私は世界史オタクだったのと
ライトな軍オタなので、かなり興味深く見たのですが、
詳細な感想などは多分DVD出たらゲットして、数十回ぐらい
見てから後から書こうかなと思っています(オタw

まず、一番最初に出来るだけ多くの皆さんに見て頂きたい
HPが有ります。
祖父の硫黄島戦闘体験記

ここは本当に凄いです。まさにリアル。
ただの文章、しかも手を加えていないただの日記で
これだけ、ブラックホークダウンのように、息つく
ヒマもなく読みふけってハラハラして行く物を
私は今まで読んだことが有りませんでした。

先にここを読んでしまうと硫黄島からの手紙の悲惨さは
正直、物足りなくなってしまいます。
しょうがない事ですが、やっぱりリアルでの極限状態には
まだ映像は追いつかないっていう事ですね。
体が吹っ飛ぶなどは出来ても。「飢餓」は表現しきれない
みたいです。
太平洋戦線で散っていった英霊達の半分以上は餓死か病死
です。マラリアやペストなどの。
ついでにここなども。
硫黄島探訪

軍モノ歴史モノは以後、少しづつ日記にしたいと思っています。
20才頃は予備校で少年右翼とかってたまに呼ばれた右思想
だったのですが、年数だって、色々と知識も増えてきて
大分変わってきました。良い意味で中道になってきたと
思います。最終的には右に傾くとは思いますが、何も知らない
のに右に傾く人達が最近、多いのでひねくれ者の私は
そういう人達と一緒にされるのがイヤで逆に左ターンを
して行っていますw

栗林中将が「世は常に諸氏の戦闘にあり」と2度言うのですが、
意味が?だったので、ググってみました。動けない時に(哀
世は常に諸氏の戦闘にあり - Google 検索
なーーーんか違うな?と思って検索結果からさらに掘り進んで
いたら、常に諸氏の戦闘に有りで検索したら結果に、
世は常に諸氏の戦闘に在り
余は常に諸氏の先頭にある。
と引っかかって、あれ?これは文字が違うな?と、
常に諸氏の先頭に在りでぐぐったら、さらに結果から、
予は常に諸氏の先頭に在り - Google 検索

ああーこの文字かーこれで意味が通ったな…
深読みしすぎたな…
などとクイズのように答えを出しました。

DVD早く出ないかな…今のところざっと調べた所楽天が
一番安い感じです。
【楽天市場】硫黄島からの手紙 特別版[2枚組]:楽天ブックス
http://item.rakuten.co.jp/book/4295359/
2,944 円 多分送料込み
こっちも良いかも…見てませんが。
【楽天市場】父親たちの星条旗 特別版[2枚組]:楽天ブックス
http://item.rakuten.co.jp/book/4295369/
2,944 円 多分送料込み
オマケが微妙ですね…

私、レプリカですが軍隊手帳を持っていますw
0703121.jpg

この戦陣訓の本訓 其の一の第七
必勝の信念は競技やり始めの頃に良く読んでいました。
気合い入れるのに。
ですが結果が出だす頃には読まなくなっていました。
気合いうんぬんで良い作品は出来ないしむしろそれより
競技直前のアドレナリンのコントロールのほうが大事だった
のでクラッシックの音楽を聞く曲選びでコントロールして
頭の中ではその時の一番達成しないとならない自分に
課した課題か良くするミスの注意で頭一杯にしていた
ほうが戦陣訓を思い浮かべるより効果的でしたので。
0703122.jpg

まあそこまで到達する道のりには「信は力なり」が
有ったとは思います。
「必勝の信念は千磨必死の訓練に生ず。」も
そうですが、これはもう数年やるうちに日常となって
しまって元旦だろうが練習していたのでいちいち思い浮かべる
事も無かったですが、そこまで到達するのにこの
戦陣訓が有ったのかなぁ、と今、思いました。

そう思うとこの手帳、良いこと書いてあったのかも…
読み直してみようかなw

「信は力なり」は私はラグビーのスクールウォーズ世代
だったのて入りやすかったというのも有りますね。
グーグルで「信は力なり」って検索するとその項目が
上位を占めますね。

戦陣訓は9番目ですね…

ですが私の競技生活中の後半の信念は
「継続は力なり」でしたね。
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平岡文隆

Author:平岡文隆
東京の杉並区下井草で
ヘアサロンを家族で
営んでおります。
ここを通して色々と知って
頂き、お店で話題にして
貰ったり何かのお役にでも
立てば、また暇つぶしに
読んで頂ければ、という
ようなコンテンツです。
宜しくお願いします!

Copyright (C)2006 hairsalon
HIRAOKA 平岡.
All rights reserved.

ご質問、メッセージは以下
にお願いします。

問い合わせあっとまーく
hairhira.com
(自動スパム避け対策で
直接アドレスを載せて
いません。お手数ですが
手動で打ち込んで
下さい、問い合わせ部分は
toiawase、でお願いします)

Twitterブログパーツ
FC2カウンター
月別アーカイブ